MENU

飲み会前は、とりあえず「ウコンの力」をぐいっと飲んで二日酔い対策しておく!という方はとても多いですよね。

 

コンビニでも手に入るし、ドリンクタイプでいつでもどこでもさっと飲める「ウコンの力」は、とても手軽で便利な商品といえます。

 

そんな「ウコンの力」ですが、その実力のほどは如何ほどなのか、気になるところですよね。

 

今回は、飲み会のお供、「ウコンの力」について、徹底解説していきたいと思います。

 

「ウコンの力」はどうして二日酔い対策に良いの?

「ウコンの力」には、その名の通り、ウコン由来のエキスがたっぷり配合されています。

 

ウコン由来のエキスには、どんな有効成分が含まれているのでしょうか。詳しくチェックしていきましょう。

 

そもそも「ウコン」って何?

いつも飲んではいるけれど…「ウコン」って一体どんなものか、ご存知ですか。

 

なんと、ウコンの英語名は「ターメリック」!

 

「ターメリック」と聞けば、カレーなどに欠かせない、黄色のスパイスとしてイメージしやすくなるのではないでしょうか。

 

ショウガ科ウコン属の多年草である「ウコン」。その歴史は古く、紀元前970年頃には東インド地方で栽培が始まったとされています。

 

日本には江戸時代に渡来して以来、薬用や観賞用として親しまれてきており、実は、古くから日本人にとってとても身近な存在なのです。

 

ウコンに含まれる有効成分「クルクミン」は肝臓の強い味方

「クルクミン」は、ポリフェノールの一種であり、黄色の色素成分です。ウコンが濃い黄色なのは、「クルクミン」が非常に多く含まれていることを意味しています。

 

クルクミンには、胆汁の分泌を促すなど、肝臓の働きを助ける働きがあることが知られています。

 

また、ポリフェノールに共通する効能である、強力な抗酸化作用ももちろん持ち合わせているため、免疫機能アップや生活習慣の予防など、さまざまな健康効果も期待できます。

 

「クルクミン」は、お酒のアルコール分解で弱った肝臓を元気にしてくれる、二日酔い対策にはもってこいの成分なのです。

 

ウコンに含まれる有効成分「ビサクロン」はあらゆるお酒の害を撃退

「ビサクロン」はウコンのセスキテルペン類などの精油成分に、ごく微量に含まれる 希少成分です。

 

ビサクロンには、頭痛、吐き気、倦怠感などの二日酔いの症状を改善するだけでなく、アルコールによる肝臓のダメージや炎症を軽減することが、ウコンの力の販売元である、大手企業ハウス食品の研究によって明らかになっています。

 

「ビサクロン」は、飲酒による体への害を最小限に抑えてくれる成分なのです。

 

「ウコンの力」に配合されているのは、最強の“秋”ウコンエキス

一口に「ウコン」といっても、実は世界中に50種類も存在しており、そのうち日本では、春ウコン、秋ウコン、紫ウコン、黒ウコンの4種類が流通しています。

 

この4種類のうち、「ウコンの力」には、春ウコンの10倍以上の「クルクミン」と、希少な「ビサクロン」を含有している、二日酔い対策に一番適した“秋”ウコンが使用されています。

 

そのため、「ウコンの力」を飲むだけで、なんとクルクミンが30 mg、ビサクロンが400μgも摂取できてしまうのです。

 

「ウコンの力」を飲む最適なタイミングはやっぱり「飲酒“前”」!?

二日酔い対策に有効な「ウコンの力」。せっかく飲むなら、最も効果が高くなる飲み方をしたいですよね!

 

「ウコンの力」の効果を最も高めるには、飲酒のどのタイミングで飲むのがベストなのでしょうか。

 

「ウコンの力」は基本的に、飲酒前でも飲酒中でも飲酒後でも、自身の好きな時に飲んでよいとされており、飲むベストなタイミングについては特に明示されていません。

 

ただし、スポーツドリンクなどが運動の1時間ほど前に飲んでおくと疲労回復効果が高まるとされているのと同様に、「ウコンの力」も飲酒の1時間ほど前に飲んでおいたほうが、効果が高まることが予想されます。

 

実際に「ウコンの力」を愛飲している方々の口コミをチェックしても、「飲酒“前”が最も効果が高かった」という意見が多数を占めています。

 

「ウコンの力」を最大限活用したいなら、やはり飲酒“前”に飲むのがベストだといえるでしょう。

 

「ウコンの力」に副作用はあるの?

二日酔いへの効果が非常に高いことがわかった「ウコンの力」ですが、副作用があるのか気になるところですよね。

 

「ウコンの力」ドリンクタイプは、“医薬品”でも“医薬部外品”でも、さらには“トクホ”でもなく、実はただの“清涼飲料水”と品名に明記されています。

 

原材料名の記載からも、「ウコンの力」はあくまで果糖ぶどう糖液糖や秋ウコンエキスを主成分とする“清涼飲料水”、簡単に言い換えると、二日酔いに効く成分が入っているジュースであるといえるでしょう。

 

ただのジュースなのですから、副作用はほとんど気にする必要がないといえます。

 

ただし、多くのサプリや健康食品と同様に、どんなに体に良いものであっても、必要以上に摂取してしまうとかえって体に悪影響を及ぼしてしまうことは言うまでもありません。

 

甘いジュースの飲みすぎは、糖分の摂りすぎとなって体に悪影響を及ぼしたり、虫歯の原因となったりするように、「ウコンの力」も過剰に飲むことで多少の悪影響が生じてしまうのです。

 

「ウコンの力」を過剰に摂取してしまうと、どんな悪影響があるのか、しっかりチェックしておきましょう。

 

「ウコン」の摂りすぎは肝機能障害を引き起こす!?

食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)が定めるウコンの1日の上限目安摂取量は、体重1sに対して3 mgとされています。

 

この目安量を体重60 kgの人で換算すると、1日あたり180 mgまでであることがわかります。

 

この目安量を超えるウコンを摂取すると、ウコンによる肝機能障害が引き起こされる危険性があることがわかっており、最悪の場合、死に至ってしまうこともあるのです。

 

特に、アルコールの飲みすぎによる脂肪肝など、元々肝機能異常を抱えている場合にはさらにリスクが高まることが指摘されています。

 

飲み会に備えて「ウコンの力」を1本飲む分には、何の問題もありません!

 

しかし、効果を高めようとして1回に何本も飲んだり、毎日毎日大量に飲み続けたりすることは避けるようにしましょう。

 

「ウコン」の摂りすぎは「鉄分」の摂りすぎにも!?

「ウコン」には、鉄分が多く含まれていることで有名な牛のレバーと同等の鉄分が含まれています。

 

貧血対策には欠かせない「鉄分」ですが、過剰に摂取してしまうと、肝臓に蓄積して活性酸素を発生し、肝細胞を傷つけてしまうのです。

 

また、C型肝炎や脂肪肝などの持病を抱えている方は、健常な方に比べ鉄分が肝臓に蓄積しやすいことがわかっています。

 

肝臓に炎症を引き起こし、持病がさらに悪化してしまう懸念があるため、「鉄分」の摂取には特に注意が必要なのです。

 

厚生労働省が定める鉄分の上限目安摂取量は1日当たり6 mgとされています。

 

「ウコンの力」に含まれる鉄分は0.10 mgと微量なので、飲み会前に1本飲む分には何の問題も生じません。

 

ただし、過剰に飲んでしまうと、かえって肝臓に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

 

特に肝臓に持病がある方は、「ウコンの力」の飲用前に、事前に医師や薬剤師に相談すると安心といえるでしょう。

 

「ウコンの力」の口コミは高評価ばかり

二日酔い予防に効果の高い成分がばっちり配合され、普通に引用する分には副作用の心配もほぼ無い「ウコンの力」。

 

実際に「ウコンの力」を愛飲している方々の口コミを見ても、かなりの高評価となっていますのでチェックしておきましょう。

 

お酒をもっと楽しめるように:30代女性

お酒を飲んでいる最中の酔い具合や、翌日のだるさが「ウコンの力」を飲む飲まないで全然変わってきます!

 

「ウコンの力」で女子会・飲み会をもっと楽しめるようになりました。

 

飲んだ翌朝の体が全然違う!:40代男性

「ウコンの力」は本当に二日酔いに良く効きます。事前に飲んでおくだけで、飲んだ翌朝の、あのしんどさが嘘のように軽減できます。

 

飲み会前には「ウコンの力」が欠かせません。

 

手軽で飲みやすくて効果も抜群:20代女性

「ウコンの力」はコンビニでも売っているので、急な飲み会でもすぐに手に入れて対策できるし、特にドリンクタイプは味も美味しくて飲みやすいので気に入っています。

 

かなり量を飲んでも「ウコンの力」を飲んでいれば問題なし。二日酔いを気にせずガンガン飲めるようになりました!

 

最後に

「ウコンの力」には、二日酔いに効く成分がしっかり配合されていることがおわかりいただけたでしょうか。

 

ただし過剰摂取にはくれぐれも気をつけましょう!肝臓に持病をお持ちの方は特に注意が必要です。

 

飲み会前に「ウコンの力」をぐいっと1本!でその効果は十分!是非あなたも試してみてくださいね。