MENU

お酒に強くなりたいならL-システインを試してみよう

お酒に弱いとなんだか損な気がしますよね。飲み会での盛り上がりについていけなかったり、飲んだ後の悪い酔いや二日酔いに悩まされたり…。

 

そんなお酒に弱いあなたに是非おすすめなのが、「L-システイン」。

 

実は「L-システイン」を積極的に摂取することによってお酒に強くなれるのをご存知ですか。

 

今回は、「L-システイン」でお酒に強くなれるヒミツについてご紹介していきたいと思います。

 

「L-システイン」はアミノ酸の一種

そもそも、「L-システイン」とは一体何者なのかご存知ですか。

 

L-システインは、人の皮膚や髪の毛、爪などのたんぱく質にもともと存在している成分です。

 

L-システインは、肝臓でメチオニンという物質から作り出されてはいるものの、食事からもしっかり摂取する必要がある、いわゆる“準”必須アミノ酸なのです。

 

L-システインでお酒に強くなる!?

L-システインを摂取すると、どうしてお酒に強くなることができるのでしょうか。確認していきましょう。

 

体を元気にしてくれるから

L-システインには、代謝を助ける働きがあります。

 

代謝がアップすることで、体を動かす源であるエネルギーを効率よく産み出すことができるようになります。

 

L-システインを摂取することで、アルコール分解で疲れてしまった肝臓のエネルギーを回復し、疲れやだるさなどの二日酔いの症状を予防してくれるのです。

 

飲んだ翌日も、L-システインによって元気を保つことができるのです。

 

二日酔いの元凶!「アセトアルデヒド」を中和してくれるから

二日酔いは、アルコールが体内で分解される際に発生する「アセトアルデヒド」という毒性成分が、肝臓で処理しきれずに飲んだ翌日まで体内に残ることで起こる症状です。

 

L-システインは、二日酔いの元であるアセトアルデヒドを、なんと中和してくれる作用があるのです。

 

体内のアセトアルデヒドが減れば、肝臓の負担の軽減にもつながります。

 

L-システインは、二日酔いを元からブロックしてくれる頼もしい存在なのです。

 

L-システインはどうやって摂取すればいいの?

体内で作られる量だけでは不足しがちな「L-システイン」。お酒に強くなるためにはどのように摂取すればよいのでしょうか。

 

L-システインは、小麦、大豆、鰹節などに多く含まれていることが知られていますが、毎日毎日L-システインを多く含む食事を意識して摂取するのは大変ですよね。

 

L-システインを効率よく摂る方法、それは、L-システイン配合の医薬品やサプリの活用です。

 

実は、L-システインが配合されている医薬品やサプリはさまざまな種類が市販されており、手軽に効率よく摂取することが可能なのです。

 

医薬品では、エスエス製薬の「ハイチオールC」、第一三共の「システィナC」などが有名です。

 

サプリでは、アインファーマシーズの「ロスミンローヤル」、健康日本堂の「ホワイピュア」、富山常備薬の「キミエホワイトプラス」など、さまざま販売されています。

 

医薬品とサプリの違いは、使用目的の違いです。

 

もともと、医薬品は病的栄養不足の治療、サプリは栄養素の補足を目的としているため、L-システインの含有量に違いがあるのみで、L-システインの質に違いはありません。

 

L-システインの含有量や、その他に含まれるビタミンなどの成分と、価格や味の好みのバランスを吟味して、自分に最適なものを選ぶと良いでしょう。

 

L-システインはお酒を飲む前後で摂取

二日酔いに効く「L-システイン」。

 

その効果を高めるには、どのタイミングで摂取するのが一番良いのでしょうか。

 

各医薬品やサプリに摂取のタイミングについては明確に記載されておらず、個人の自由となっています。

 

ただし、L-システインを二日酔い予防に愛飲している方の口コミをチェックしてみると、最も効果が高いのは、飲む前と飲んだ後、両方のタイミングでの摂取のようです。

 

今日は飲むぞ!という日には、お酒を飲む前後でL-システインを補給するのがもっともおすすめと言えるでしょう。

 

L-システインで美肌にもなれる!?

L-システインには、お酒に強くなる以外にも、なんと美肌効果も得られます!

 

L-システイン配合の医薬品やサプリは、お酒に強くなるというより、「美肌」効果押しで販売されていることからも、その効果は明らかなのです。

 

どのような美肌効果があるのか、チェックしておきましょう。

 

肌のターンオーバーを整える

L-システインには、肌のターンオーバーを整えてくれる働きがあります。

 

肌のターンオーバーが整うことで、シミや肌荒れといったトラブル改善に役立ち、美肌効果が得られるのです。

 

抗酸化作用で肌細胞のダメージを防ぐ

L-システインは、ストレスや紫外線などで生じる活性酸素を除去する抗酸化作用も持ち合わせています。

 

活性酸素は、肌細胞にダメージを与え、肌荒れやニキビなどの肌トラブルを招く元凶です。

 

L-システインの抗酸化作用によって、美肌をキープすることができるのです。

 

L-システインを摂取していても飲み過ぎには要注意!

L-システインには、確かに悪い酔いや二日酔いを予防して、お酒に強くなる効果が期待できます。

 

ただし、L-システインを摂取しているからといって、調子に乗ってお酒を飲みすぎないように注意する必要があります。

 

せっかくL-システインで二日酔いの原因であるアセトアルデヒドを減らしても、その分アルコールを多く飲んでしまっては、せっかくの効果が打ち消されてしまいます。

 

L-システインの力でお酒の席を楽しむには、お酒の量にも注意を払うようにしましょう。

 

最後に

L-システインを飲酒前後で摂取することで、お酒に弱い人でも、楽しくお酒が飲めるようになることがおわかりいただけたでしょうか。

 

L-システインは、市販の医薬品やサプリを利用することで手軽に補給することができますし、ついでに美肌効果も得られてしまう、まさに一石二鳥の成分です。

 

飲酒前後といわず、L-システインの摂取を毎日の習慣にしてしまうのもおすすめです。

 

ただし、L-システインを摂取しているからといって、飲み過ぎてはその効果を実感することができませんので注意しましょう。

 

飲酒量にだけ注意を払えば、飲酒前後にL-システインをプラスするだけで、お酒に弱くて困っているそこのあなたも、お酒の席がもっともっと楽しめるようになること間違いなしです!

 

是非試してみてくださいね。