MENU

「お酒に強くなる方法!サプリや薬も活用してみよう」

 

わたしはお酒に弱いから、飲み会が楽しめない、飲み会が憂鬱…そんな方も多いのではないでしょうか。お酒に弱いと、飲み会で浮いてしまったり、無理して飲んで二日酔いになってしまったりと悪いことばかりですよね。

 

そんな方のために、どうしたらお酒に強くなれるのか、お酒にまつわる基礎知識とともにご紹介していきたいと思います。少しの工夫と、お酒に強くなるサプリや薬も活用することで、憂鬱な飲み会も、楽しい席にきっと変えることが出来るようになりますよ!

 

肝臓でのアルコール分解

アルコールは肝臓において、「ADH(アルコール脱水素酵素)」と「MEOS(ミクロソームエタノール酸化系)」という2つの酵素が8:2の割合で働くことによって、まず毒性の強いアセトアルデヒドに分解されます。

 

アセトアルデヒドは続いて、「ALDH(アルデヒド脱水素酵素)」の働きによって、無害な酢酸へと分解されます。酢酸は、血流に乗って全身に運ばれ、最終的には水と炭酸ガスに分解されて、尿や汗に混じって体外へと排出されるのです。

 

お酒への強さを決める要因

お酒に「強い」人と、「弱い」人…、一体何が違うのでしょうか。いくつかの要因をご紹介していきたいと思います。

 

遺伝

アセトアルデヒドを分解する「ALDH」には、アセトアルデヒドが低濃度でも働く「ALDH2」と、アセトアルデヒドが高濃度になって初めて働き始める「ALDH1」の2種類が存在します。

 

このうち、ALDH2には以下のような3種類の活性タイプがあり、両親から遺伝によって受け継がれます。

 

安定で正常な活性を持つ「活性(NN)型」

日本人の約56%が「活性型」のALDH2を持ちます。アセトアルデヒドを速やかに分解することができるので、いわゆるお酒に強い体質ですが、アルコール依存症になりやすい特徴があります。ちなみに、白人や黒人は活性型の人しか存在しませんので、皆お酒に強い体質といえます。

 

NN型の1/16の活性である「低活性(ND)型」

日本人の約40%は、「低活性型」のALDH2を持ちます。この型の人は、お酒はほどほどにしか飲めない、またはお酒に弱い体質です。アルコール分解能力がもともと低いので、無理は禁物です。

 

失活したALDH2しか持たない「不活性(DD)型」

「不活性型」のALDH2しか持たない日本人のうち約4%です。この型の人は、アルコールをまったく飲めない体質になります。

 

ALDH2の活性が低い、またはまったくない低活性型と不活性型の人は、アセトアルデヒド濃度が高濃度にならないとアセトアルデヒドの分解が始まらないので、少しのアルコールですぐに酔ってしまうのです。

 

性別

男性と女性では、女性のほうがお酒に弱い傾向があります。性別による違いは、体格や筋肉量、ホルモンの違いによって生じます。

 

年齢

未成年の場合、アルコールを分解する酵素の能力が低いため、アルコールによって体にかなりの悪影響が及ぼされるため、法律で飲酒を禁止することで守っているのです。また、加齢によって、アルコールを分解する酵素の能力もだんだんと低下してくるため、若い時はお酒に強かった人でも、年齢を重ねていくとお酒に弱くなっていきます。

 

体重

ご説明してきたとおり、血中のアルコール濃度に比例して酔いも進行します。体重の約7%が血液であるため、体重が軽い人は体重の重い人に比べ、血中のアルコール濃度が高くなるため、酔いやすい体型であるということができます。

 

ちなみに、血中アルコール濃度は以下の式で求めることが可能です。
血中アルコール濃度(%)=飲酒量(ml)×アルコール度数(%)/833×体重(kg)

 

自分はお酒に強い?弱い?しっかり見極めよう

お酒に強いか弱いかは、「遺伝子分析」をすることにより正確に判定することができますが、簡易的な「エタノール・パッチテスト」という方法でもある程度知ることができますので是非試してみましょう。

 

「エタノール・パッチテスト」は、誤判定の原因となりますので、運動後や飲酒後は避け、必ず安静時に行ってください。まず、絆創膏を消毒用の70%アルコールで湿らせて準備します。次に、準備した絆創膏を脇の中間など、皮膚の柔らかいところに貼ったら7分間そのままにします。このとき強く押さえつけないように気を付けてください。7分後、絆創膏をはがした後、そのまま10分放置します。10分後に、皮膚の状態を見て判定を行います。

 

アセトアルデヒドが分解されずに皮膚に残ると、赤みが残るため、
皮膚が赤い=お酒に弱い、特に何の変化もない=お酒に強い、と判定することが出来ます。

 

お酒に強くなるには

このように、アルコールの許容量は、遺伝や性別など、さまざまな要因によって人それぞれ異なり、ある程度決まってしまっています。どのようにすれば、出来るだけ許容量を増やすし、お酒に強くなることができるのでしょうか。

 

お酒の飲む機会を増やす

アセトアルデヒドを分解する酵素であるALDHは、働けば働くほど活性が高まる性質があります。ですから、意図的にお酒を飲む機会を増やすことで、ALDHの活性を高め、お酒に強くなることが可能です。

 

ただし、急に強いお酒を飲んだり、飲酒量を増やしすぎたりすると、肝臓に過度の負担がかかり、急性アルコール中毒を招きかねないので、少しずつ量を増やしていくようにすると良いでしょう。特に、ALDH2の低活性型の人は、無理をしないようにしましょう。また、いうまでもありませんが、ALDH2の不活性型の人は、この方法は無意味なので行わないでください。

 

肝機能を上げる

アルコールの分解を行っているのは肝臓なので、普段から肝機能を上げるよう努力しておけば、その分、より多くのアルコールを分解することができるようになり、お酒に強くなることが可能です。

 

食生活を改善する

摂取した食事の栄養分を分解するのは肝臓の役割です。暴飲暴食は、肝臓を過度に働かせることになり、非常に負担となります。また、外食やコンビニ食中心で、脂っこいものや甘いもの、味の濃いものばかり食べていると、余分なエネルギーが脂肪となって肝臓にたまってしまったり、過度な塩分によってむくみがおきてしまったりして、肝臓の働きを悪くしてしまうのです。

 

肝機能を上げるためには、普段から1日3食、栄養バランスのとれた食事をよく噛んで、適量食べるように心がけましょう。

 

適度な運動をする

運動不足は肝臓に余分な脂肪をためこむことにつながり、肝臓のはたらきを悪くします。肝機能を上げるには、適度な運動を日々の生活に取り入れることによって、エネルギーを代謝し、脂肪を燃焼するように努めましょう。

 

また、筋肉はアルコールが血中に入り込むのを抑える作用があるだけでなく、アンモニアの無毒化など、肝臓の他の役割を果たす機能も備えています。適度な運動によって筋肉を鍛えることによって肝臓の負担を減らし、肝機能を上げることも可能になるため、一石二鳥の効果が得られるのです。

 

便秘を防ぐ

便秘は、腸内に有害物質を発生させます。体内の老廃物や有害物質を解毒するのは肝臓の役割なので、便秘は肝臓の負担を増やしてしまいます。肝機能を上げるには、食物繊維を積極的に摂るなど、便秘を防ぐことが非常に大切です。

 

十分な睡眠時間を確保する

肝臓が十分に働くためには、肝臓の活動を支えるエネルギー源である栄養を運ぶ血液が十分に供給されることも非常に重要です。臥位の姿勢は、立位よりも約1.7倍肝臓に多くの血液が流れ込み、肝機能が高まります。ですから、肝機能を上げるには睡眠時間を十分にとることが大切なのです。

 

ストレスを解消する

ストレスは交感神経を刺激して、血管を収縮させるため、血行が悪くなります。当然肝臓への血液の供給も不十分になるため、肝臓のはたらきが悪くなってしまいます。また、ストレスは、暴飲暴食など、他の原因を引き起こす可能性もあります。肝機能を上げるには、十分に休息をとってリフレッシュするなど、ストレスを解消する工夫が必要なのです。

 

タバコを控える

タバコを吸うことによって、血液中に一酸化炭素が増えます。一酸化炭素は血液中の酸素と結合してしまうため、エネルギー源である酸素の供給を妨げてしまうことから、当然肝臓のはたらきも悪くなってしまいます。タバコは百害あって一利なしです。肝機能をあげるためには、禁煙するようにしましょう。ただし、急に禁煙するとストレスの原因にもなってしまいますので、徐々に本数を減らしていくなど、工夫すると良いでしょう。

 

肝機能を上げる医薬品やサプリメントを活用する

肝機能を上げるには、専用の医薬品やサプリメントを活用するのも効果的です。

 

医薬品では、ハイチオールC(エスエス製薬)やリバヘルスゴールド(ゼファーマ)、新へパリーゼプラス(ゼリア新薬)、新黒丸(第一三共ヘルスケア)などが、肝機能を上げる効果が期待できます。これらの医薬品には、肝臓のアルコール分解を助ける、L-システインや肝臓水解物、ウルソデオキシコール酸などの成分が配合されているため、特にお酒を飲む前に飲むのが効果的です。

 

サプリメントでは、ウコンの力(ハウスウェルネスフーズ)などが、肝機能を上げるのに有用です。ウコンはインドや中国で栽培されているショウガの仲間ですが、ウコンに含まれるクルクミンには、肝臓の働きを助ける作用があります。特にお酒を飲む前に飲むと、非常に高い効果を発揮しれくれます。

 

お酒の席での工夫

お酒に強くなるためには、お酒を飲む際に工夫することも大切です。

 

空腹でお酒を飲まない

空腹状態でお酒を飲んでしまうと、他に吸収するものがないので、胃からどんどんアルコールが吸収されてしまいます。これにより、血中のアルコール濃度が急激に上昇してしまうので、すぐにお酒に酔ってしまいます。

 

お酒に強くなるためには、お酒を飲む前は、消化に時間がかかる脂肪や、アルコールの吸収を妨げる緑茶を摂取しておくと良いでしょう。

 

また、たんぱく質は肝臓の機能を高めてくれるので積極的に摂ると効果的です。牛乳や豆腐、納豆やチーズなどを飲酒前に食べておくと効果があるでしょう。

 

水分を補給する

肝臓でのアルコール分解には大量の水分を必要とします。水分を補給しないと、脱水症状を引き起こし、頭痛や吐き気の原因となります。また、水分を摂ることで血中のアルコール濃度を薄めることもできますので、飲酒前、飲酒中、飲酒後も水分補給をしっかりすると良いでしょう。

 

最後に

いかがでしたか。体質である程度お酒の強さは決まっていても、少しの工夫で楽しくお酒を飲むことも可能になるのです!お酒に強くなりすぎて、くれぐれも飲みすぎないように注意してくださいね!